家族葬がおすすめの理由

故人の意向で葬儀は家族だけで行いたいという言葉を耳にする事が多くなってきました。最近は、知人が亡くなった事を喪中はがきで知ったという事も増えてきています。それは自分の身の回りだけでなく、芸能人なども家族や親族のみで葬儀を行ったという報道を耳にする機会が増えた事を考えると、それだけ葬儀のあり方が変わってきていると言えるでしょう。

特に、親しい親族や家族だけで執り行う葬儀の事を家族葬といいます。家族葬は、近親者のみで行う事もあれば親しかった友人に声をかけるなど、様々な方法がありますが、どの範囲まで声をかけるかは家族の気持ちもそうですが、個人の意向も大きいと言えます。

家族葬で声をかける範囲は、事前に故人と話しあえる場合は決めておくこともできますが、突然の別れの場合は、どのようにするかは家族の判断となります。故人の考えを事前に知っていればその想いを引き受けて、そのまま行う事ができるだけでなく、残された家族にとってまだ心の準備ができていなかったり、静かにお別れがしたいなど気持ちの部分で整理がつかないといったことなどで悩みません。家族葬で執り行うとバタバタせずに済むため、家族葬を選択する人が増えてきています。