家族葬のデメリット

小規模で執り行えるのが何よりのメリットである家族葬でも、やはりデメリットもあります。家族葬でのデメリットは、故人の希望でなかった場合、死去に関し連絡しておきたかった人への連絡が出来ていないといった可能性があり得ることです。生前親しくしていた方の連絡先を家族が知らない場合などに発生することがあるため、家族葬を検討している場合には十分な確認が必要となってきます。

特に年配の方はお焼香だけでもあげたいと希望されることもあるため、葬儀後であっても慌ただしくなる可能性もあります。葬儀は故人への冥福を祈る場であり、また、生前お世話になった友人・知人へ感謝をする場でもあるため、連絡先などはきちんと把握しておき、手紙を送るといった対応ができると良いでしょう。もちろん全員に手紙を送ることが難しい場合もあるため、そうした時も尋ねられた際にきちんと説明できるよう準備が必要です。

デメリットと感じてしまうかもしれない部分も、故人が生前色々な人に慕われていた証しと思うと残された人たちも生前には感じなかった部分を垣間見る事ができます。その点を考えると、メリットとも受け止める事もできるでしょう。故人を惜しんで声をかけてきてくれる方たちには心をこめて対応をする事が大切です。
また、喪中はがきを送ったり、後日葬儀が終了した事を伝えるはがきや書面を送るなど葬儀屋と相談しながら、きちんとフォローを入れていくようにしましょう。