事前準備で納得の家族葬を

家族葬は形式にとらわれずに故人と別れをする事ができるため、特に宗教や慣習にとらわれたくないと考えている人に人気があります。自由に行えるという事ももちろんですが、費用を抑えられるという面でも支持を集めています。

特に小規模で行う場合もありますが、故人の意向を踏まえた独自のスタイルを作ったりする場合は事前に葬儀社としっかりと打ち合わせをしておく必要があります。また、駆けつけた人が困らないように普段と違ったスタイルで葬儀を行う事を連絡して、参列を断る場合やお香典を断る場合などしっかりと文面にして事前に知らせておくようにしましょう。

一般的に葬儀は連絡をもらうとすぐに駆けつけるのがマナーとされている分、家族葬で執り行うので参列を遠慮してほしいと伝える文面をもらっても参列したほうがいいのではという気持ちを持ってしまうものです。その点を配慮しても、家族葬で行う事を知らせるのではなく、葬儀がすべて終了したあとに滞りなく終了した旨をお伝えするなど、相手に気を遣わせないような配慮が必要です。参列を断っている分、後日弔問の依頼を受ける事が増える可能性も頭に入れておき、しっかりと対応できるように心構えをしておくことが大切です。